リョービ芝刈り機の刃合わせ

スポンサーリンク


我が家の現在使用している、「芝刈り機」はリョービのひと昔前の「LM-2800」になります。
この「芝刈り機」は新品で購入したわけでもなく、オークションにて付属品の「グラスキャッチャーや延長コード」がなくいわゆる「ジャンク扱い」のような商品を購入しました。

リール刃は,、そこまでボロボロではなかったので数回は使用しましたが、リョービHPにでている成金のような6枚刃リールに目がくらみ大金をかけ「固定刃・リール刃」を購入しちゃいました。モロモロの経費を考えたら結局新品が購入出来たんじゃないかと自責する毎日。昔から車でもそうでしたが、数十万の車を探してきては、改造に数百万をつぎ込み、終わってみれば最初から「フルチューンの車を買えばよかったんじゃない?」とよく先輩から言われたモノでした。何故か狙った獲物が手に入っちゃうと愛着がわいちゃうんですよね?みなさんわかりますよね?

さらに愛着がどんどんエスカレートし、今度は芝刈りに一番必用である、集草「グラスキャッチャー」が欲しくなり、日々探す毎日でした。
以前からずっと借りっぱなしであった、会社の同僚のグラスキャッチャーを、いつまでも借りられるものではなく、ネット等で買えるものか探していると、「京セラ インダストリアルツールズ株式会社」という会社を発見し、メールで問い合わせてみると、即日品質保証事業部 品質保証部 カスタマーサービス担当の方から丁寧なお返事があり、品番と在庫確認までしていただきました。ちなみに一言アドバイスではLM-2810のキャッチャーとは合わないみたいですと…。

品番が:6090883 ・メーカ希望小売価格(消費税別):3,950円/個です。同じように困っている人がいれば情報まで。
結局、当時すぐに注文すればよかったのですが、現在では欠品で入手することは難しいみたいです。なので未だに同僚のキャッチャーを借りているしだいです。

この芝刈り機を購入してからの欠点というか、作業がしづらいと感じたのは、リールの「刃合わせ」がうまくいかず、片方のスプリングは力まずボルトが思うように締まり、「刃合わせ」がうまくいくのですが、もう片方のスプリングは古くなり、へたっているのか均等に締めていっても、ボルトが途中で回らなくなり、固定刃とリール刃が届かず、刃と刃が当らない状態で一部分だけ切れない状態。家にある小さなワッシャーなど何枚か重ねてみましたが、やはりうまくいきませんでした。

色々悩んでいると ふと「この部品だけ購入できないものだろうか?」ということで「京セラ インダストリアルツールズ株式会社」に再度問い合わせをしてみましたところ、今回も数時間で返事をいだだき、おまけにわかりやすい分解図付きで、部品番号と部品名も教えていただきました。ちなみに自分のわけもわからない説明でわかっていただいた部品が「カッターホルダースプリング」という部品みたいです。「品番:6180875 ・メーカ希望小売価格(消費税別):320円/個」です。アクセサリーキット(サッチング刃など)しか購入できないと思っていたので、非常にラッキーでした。「京セラ インダストリアルツールズ株式会社」さんありがとうございました。

早速前回の失敗を生かし、近所のコーナンへ「カッターホルダースプリング」と、高圧洗浄機のパーツも欲しかったので、同時に取り寄せてもらうことにしました。

情報までLM-2800と2300の分解図をPDFで載せておきます。

    ↓

  LM-2800-625

 

 

スポンサーリンク


----------------------------------------------
いつもご訪問、ありがとうございます。
応援していただけますと頑張れますので
良かったらクリックお願いいたします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 芝生・芝生管理へ
にほんブログ村
----------------------------------------------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ